農機具の活用って?

自宅のガレージに不要な農機具がずっと眠っている、両親や祖父母が農業を廃業したために農機具を処分したい、そう思っている人は少なくないでしょう。農機具と一口に言っても、トラクターやコンバイン、耕運機などいろいろあります。複数台持っている場合は、たとえその農機具を使っていなくても場所を取ったりしますのでいつまでも置いておくものではありません。では、農機具処分方法とはどのようなものでしょうか?

もちろん、こういった農機具は、一般的な粗大ごみのように自治体が扱ってくれるものではありません。廃棄物処理回収会社に引き取ってもらうという方法が、まず一番に挙げられます。しかしそれでは値段がつかないどころか、かえって処分費が高くなってしまいます。と考えると、次の方法としては、中古車と同じように買取という方法が考えられます。

農機具の買取を専門にしている専門店などもありますのでそういったプロにお任せするのも一つの方法です。購入した農機具店でも中古製品を買い取ったりしてくれる場合があります。しかしながら農機具店ではやはり新しい農機具を売りたいので、高く買取してくれない場合もあります。そのため、買い取り業者にお願いしてみるのがよい方法です。

ほかには、農協などにお願いしたり、地域の情報誌を使って、使える人に譲ってしまうという方法もあります。しかしながらあまりにも古い製品ですとランニングコストがかかったり、動かないものではそれもできませんので注意が必要です。当サイトでは、農機具を処分する方法について詳しく紹介します。