買取対象の農機具

買取対象の農機具は、実は多岐にわたります。どこの業者でも買い取ってくれるというわけでなく、細かい査定と専門的な知識が必要になりますので、農機具買取専門業者に頼むことがよいとされています。対象の農機具ですが、トラクターやコンバイン、田植え機などといった農機具はもちろん、草刈り機や芝刈り機など多岐にわたります。特に一流農機具メーカーのものですと、ニーズがありますので、買い取り手もつきやすく、高い買取価格が期待されます。

ポイントとしては、年式が古くなればなるほどニーズが少なくなりますので、年式の浅いうちに売却することです。しかしながら、古いものでもエンジンさえ動けば海外に輸出するなどといった使い道がありますので、買い取ってくれます。

しかしながら、エンジンが動かなくても部品だけでもバラバラにして買い取るといったケースもあります。ですので、もし出張買取をお願いするのでしたら、自分が思っている農機具だけでなく、使っていないものをすべて売るように査定だけでもしてみるとよいでしょう。

農機具はメジャーなものだけでなく、除雪機や播種機、コンテナなども買取の対象としてくれる業者もありますので、査定だけでもお願いしてみるとよいです。

農機具買取のメリット

農機具の処分において、買取のメリットはまず現金を手に入れることができる点です。農機具のような大きなものを処分するにはいうまでもなくお金がかかります。しかしながら買取業者であれば、自分が価値がつかないと思ったものにも値段をつけてくれるところがあります。

買取業者の申し込みとしては、電話やインターネットで行うところが多いです。最近では、全国にチェーンのある買取専門業者もありますので、必ずしも購入した業者に行かなくても構いません。特に、新しい農機具を販売するような業者は、古い農機具については、修理部品を手に入れることが困難であることから、中古車のように仕入れて売るということはあまり好みません。そのような中、買取業者であれば古いものでも取り扱っているお店はあるからです。やりとりも電子メールで行ったりするところや、出張買取を行うところがありますので、遠隔地に住んでいるからでも面倒なくお願いすることができるのもメリットの一つです。

買取の流れとしては、査定からの契約、買取金額をもらうというシンプルなものですので、農業に知識のない人でも業者を利用することで農機具を処分してお金をもらうことができるのも買取の大きなメリットになります。

農機具の買取の流れ

不要になった農機具は、専門業者にお願いすることで買取することができます。これは、自分で処理をするよりも手軽な方法ですし、昨今では多くの人に支持されています。

まず、電話やインターネットで申し込みをして、都合の良い日時に査定をしてもらいます。自分で持って行って査定をするわけではなく、出張査定に対応している業者も多いです。農機具の運転にはある程度熟練された技術が必要ですし、持ち運びも容易でないからです。

次に、買取価格の交渉です。基本的に動く農機具でしたら、海外なども含めて需要はありますので、値段が付くことが多いです。納得のいくまで価格交渉をすることができますが、農業従事者でなければあまり知識はないと思われます。ですので、買取を考えている際には、多少の知識をつけておくとよいでしょう。

そして、双方ともに納得のいく値段になったら、売買契約を結びます。ほかのいろいろなものの買取と同じように、売買契約書締結の際は、身分証明書や印鑑が必要になる場合が多いですので、印鑑と免許書などの身分証明書を用意しておくとよいでしょう。買い取った金額は現金で一括手渡しのところもありますし、銀行振り込みの場合もありますので、確認しておきます。

農機具の活用って?

自宅のガレージに不要な農機具がずっと眠っている、両親や祖父母が農業を廃業したために農機具を処分したい、そう思っている人は少なくないでしょう。農機具と一口に言っても、トラクターやコンバイン、耕運機などいろいろあります。複数台持っている場合は、たとえその農機具を使っていなくても場所を取ったりしますのでいつまでも置いておくものではありません。では、農機具処分方法とはどのようなものでしょうか?

もちろん、こういった農機具は、一般的な粗大ごみのように自治体が扱ってくれるものではありません。廃棄物処理回収会社に引き取ってもらうという方法が、まず一番に挙げられます。しかしそれでは値段がつかないどころか、かえって処分費が高くなってしまいます。と考えると、次の方法としては、中古車と同じように買取という方法が考えられます。

農機具の買取を専門にしている専門店などもありますのでそういったプロにお任せするのも一つの方法です。購入した農機具店でも中古製品を買い取ったりしてくれる場合があります。しかしながら農機具店ではやはり新しい農機具を売りたいので、高く買取してくれない場合もあります。そのため、買い取り業者にお願いしてみるのがよい方法です。

ほかには、農協などにお願いしたり、地域の情報誌を使って、使える人に譲ってしまうという方法もあります。しかしながらあまりにも古い製品ですとランニングコストがかかったり、動かないものではそれもできませんので注意が必要です。当サイトでは、農機具を処分する方法について詳しく紹介します。